農園の気候と栽培方法

nouen540-315.jpg


キシノウエンがある立科町 美上下は、蓼科山麓、標高1000メートルに位置します。


 ・ 蓼科山から湧き出る清らかな水

 ・ 澄みきった空気

 ・ 高原野菜に適した肥沃な土壌

 ・ 昼夜の寒暖の差

 ・ 全国でもトップクラスの日照量


野菜が美味しく育つ条件に恵まれたこの地で、農業を始められたことに、
誇りと、感謝の気持ちを持って、野菜作りに取り組んでいます。


また、真冬は-10℃以下が続く厳しい寒さで、病原菌は越冬しにくく、
真夏でも冷涼な気候は、虫害の心配が比較的少ないので、

農薬を使わない野菜作りに適した環境だと思っています。


 

line600.jpg 

 

キシノウエンの野菜作り 


有機質肥料を使った土作り

病気や虫に負けない、元気な土作りをめざしています。


有機質をすきこみ、通気性や保水性に気を配り、

土の微生物を元気にしてはじめて、

農薬や化学肥料に頼らない栽培ができると考えています。


畑の土作りには、すべて天然由来の有機JAS対応肥料を使っています。


野菜の生育を見ながら、また、土壌分析の数値を参考にしながら、

有機質肥料や、その他のミネラル肥料を足していきます。


与えすぎず、不足分だけを補ってあげるような施肥設計を心がけています。




農薬はいっさい使わない

病気や害虫駆除のための殺菌剤や殺虫剤などの農薬は、
いっさい使用しません。


生態系を豊かにして、虫の天敵が増えるような環境を作ったり、

たくさんの種類の野菜を少しずつ作って、順番に“輪作”したり、
コンパニオンプランツや緑肥作物を組み合わせるなど、
知恵と手間を駆使して、病害虫に対応しています。



土壌消毒剤、除草剤もいっさい使わない

いい土には、ミミズや微生物がたくさんいます。

病原菌とともに、土の中の生き物たちも殺してしまう土壌消毒剤は、
いっさい使用しません。

草取りは、必要なときにはすべて手作業で行います。




着果促進・成長促進ホルモン剤なども使わない
IMGP4610.JPG

トマトやナス、豆類などの花の受粉は、
すべて自然に飛び交う蜂などに任せています。

また、キシノウエンのハウスは、すべて無加温の雨よけハウスです。

植物の持つ本来の力を信じ、
急ぐことなく、ゆっくりと生長を見守りたいと思います。







有機農産物表示について、キシノウエンの考え方

私たちの販売方法は、農家とお客様の特別な信頼関係に基づいて行われる、
「産消提携販売」というものです。

店頭に陳列して、他と競い合って売られる野菜ではないので、
自分たちの作る野菜に、冠のような称号はいらない と思っています。


また、有機JAS法に基づく認定を受けるためには、
膨大な手間と費用がかかり、
そのコストを野菜の値段に上乗せして販売することも、
自分たちの意図に反しています。

これらの理由から、今後もキシノウエンでは、
JAS法の下で、検査・認証を受ける予定はございません。
キシノウエンで生産した農産物に、「有機」と表示して販売することもございません。

ただし、インターネット等での説明文や、
チラシ、パンフレットなどは規制の対象とならないため、
当WEBサイト、ブログ、キシ通信では、
「有機栽培を行っている」旨の表記を行うこともございます。